薬漬けの日々

何回かトライしてますけど、妊娠する気配がないです。なので、毎日不妊治療の為に薬を飲んでるので薬漬けの日々が続いてます。最近は排卵を誘発する注射も始めて身体がもつかわかりません。

正直人工授精とかも考えてます。でもこれでもダメだったら私にはもう子供を授かる力はないのかなって思います。

ただ今怖いのは子度が授かる前に卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になってしまわないかって事です。

内服薬ならまだそこまでのリスクはないって前に書きましたけど、注射はリスクが高いのでそれが怖いですね。それに体外受精とか言われたら泣きたくなります。それに夫も人工授精になると出し続けないといけないので身体的な辛さがありますし、なんで私たちがこんなに苦労しないといけないんだろうって思いますよね。

でも、それでも子供が欲しいのは夫婦の考えですし、とにかく今は頑張るしかないです。ただ、まだ人工授精まではいってないので、その前には授かることを祈ろうと思います。

唯一私が良かったのは仕事がフリーであるって事ですね。これが会社に勤めてたら会社に迷惑をかける事になっちゃいますし、職を失う可能性もありますけど、フリーなら自分でセーブする事もできますし、仕事を止める事もできますからね。

結果はちょっと残念でした。

妊活を始めてからなかなか子供ができないので友達の勧めもあって不妊検査をしてみました。そしたら夫ではなく、私に原因があったみたいです。

そこでつらいのは知ってますが、子供は欲しいので不妊治療を受ける事にしたんです。排卵がなかなかないっていうことで今は排卵誘発剤を使ってます。排卵誘発剤は卵巣を間接的に、又は直接刺激する事で卵胞を育てて排卵を促すことができるものですね。

ほとんどは確実に排卵を起こせるようでホルモンの状態を整える目的で使うこともあるみたいです。使うタイミングは、内服薬のクロミッドなら、生理3〜5日目から1日1〜3錠を5日間服用するんです。

ただそれなりにリスクもあるみたいで、私はまだ服用してるだけですけど、それでも起こる可能性があるのが卵巣過剰刺激症候群(OHSS)って言われるもので、これは排卵誘発剤で刺激された卵巣が大きく腫れてしまう状態のことで、重症になってしまうと腹水や胸水が溜まり、呼吸困難を起こすこともあるような重篤な副作用みたいです。

飲み薬ではあまり起こらないようなのでそこはあまり過度な心配はしてないですけど、やっぱり心配ですよね。

身体への負担は大きくなるのでやっぱり注意は必要ですね。注射をするようになると確率は飲み薬よりも上がるみたいなので、何とか早めに妊娠したいなって思います。